So-net無料ブログ作成

タイヤローテーションとチューブ交換 [メンテナンス]

タイヤのローテーションとともにチューブ交換を行いました。特に「パンクしたから」ということは無いのですが、ツールボトルに入れたままの『チューブに不具合がないか』調べるという理由があります。
ロングライドでパンクして人里離れた場所で交換したけど穴が開いている破れているとなったら目も当てられないですし…(^_^;)

結論から書くと『問題なし』でしたよ~(^^)

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

maintenance_040.JPG
もう販売していないインナーチューブ

・タイヤのローテーション

KEBEL号のホイール(キシエリ)にはミシュランのPRO3 Raceを履いていますがなにげに一度もローテーションを行ったことがありません。また、先日紹介したフルクラム・レーシング5を購入する前はこのキシエリ+PRO3を固定ローラー台でも使用していましたのでリア側の減りが実に早いんです(^_^;)そこで今回のローテーションを思いついたわけです。
写真は撮りませんでしたがフロント側に比べるとかなり扁平気味で、明らかに減っていることがわかります。
交換自体はタイヤレバー2本で簡単にできますからすんなりと終了です(^^)それにパンク修理の仕方も思い出しましたね(笑)


・チューブ交換もしよう

冒頭で書いたように出先でパンク修理をしたときに交換用チューブに穴が開いていたり、バルブが破損していたりすると目も当てられないので、ツールボトルにず~~~~っと入れっぱなしになっているチューブと現在使用中のチューブを入れ替えることになりました。今まで無パンクなのでまだまだ使えるのですが交換します。もちろんこのチューブは折りたたんでツールボトルへ入れることにしました(^^)

maintenance_039.JPG
Vittoria EVO55のロングバルブタイプ

使用中のチューブはビットリアのEVO55という超軽量チューブです。55の名の通り55gしかありません。コンチネンタルの軽量チューブよりも5gほど軽いです(^^)
しかしこのチューブ、もう販売していません(^_^;)生産が終了したみたいです…。現在ストックされているのは2セットで今回のチューブ交換で両方共使用し、ストックがゼロになりました。とはいっても「新品が」ゼロになっただけで今まで使っていたチューブはまだ使えますからプラスマイナスゼロですね。

そういえばストック用に買っておいたチューブはバルブ長が42mmでした。前のものが60mmですからリム高が高かったらアウトでしたね(^_^;)良かった良かった

maintenance_041.JPG
完成(^^)

実にショボいメンテナンス記事ですが1000~1500kmに1回?タイヤローテーションをしてみてはいかがですか?それからツールボトルへずっと入れたままにしている予備チューブに穴が開いていないかの確認はした方が良いかもしれません。特にヒルクライムやロングライドが好きな方は確認しておいて損はないと思いますよ~。


ランキングに参加しています。クリックをいただけると嬉しいです(^^)v
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村



タイヤレバーは必須ですね
nice!(1)  コメント(2) 

nice! 1

コメント 2

sakikuke

初めまして キシエリ交換で検索しててたどり着きました

(参考になりました ありがとう)

ツール缶の予備チューブ 僕は冬用ソックスに包みビニール袋に入れてます

以前 穴が開いていたらしく困ったことがあったので。
by sakikuke (2013-09-28 23:12) 

taka

@sakikukeさん

初めまして。コメントありがとうございます(^^)

ず~っと入れぱなしになっている予備チューブが出先でパンクしていたりすると目も当てられないので、いろいろと対策が必要ですよね…。

お~!ソックスに包むというのは良いアイデアですね。
今度試してみます♪
by taka (2013-10-05 20:44) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。