So-net無料ブログ作成
検索選択

小型低価格で高性能なライト『MOON Meteor-X AUTO PRO』 [自転車パーツ]

先日のブルベ準備編で書いた記事からライトの詳細をこちらの記事に移動しました。一応自転車パーツなのでカテゴリを一つにした方が見やすいですからね。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

parts_234.JPG
良いライトだけど使っている人がほとんどいない…。なんてもったいない


・小さいけど大きな安心(^^)MOONの前照灯『Meteor-X AUTO PRO』

今回購入したライトは"Meteor-X Auto PRO"(以下メテオプロ)ということでオートライト機能付き。暗いトンネルに入った時に自動で点灯してくれるアリガタイ機能です。といっても多少明るいトンネルには反応しないのでその時は手動で点灯させる必要があります。まぁこの辺りは好みの問題ですね(^_^;)

parts_236.JPG
VOLT300との比較。だいぶ小さい(でも明るい)

メインライトのVOLT300と並べるとかなり小さいことが見て取れます。メテオプロの方が実際は明るいのですがVOLT300がメインライトなのは連続点灯時間の短さにあります。

VOLT300:Hi(300ルーメン)約3時間
メテオプロ:モード1(450ルーメン)1.5時間

VOLT300の半分の連続点灯時間(*_*)モバイルバッテリーを持ち歩かない時はとてもロングライドには使えません。モード2(250ルーメン)に落とすと3時間使用できるので臨機応変に使い分けることが重要です。
このメテオプロはモバイルバッテリーとセットで使ってこそ真価を発揮するライト。やはりブルベ向けですね。


それでは付属品を見ていきましょう。

parts_237.JPG
マウントの比較

左がキャットアイのマウント,右がMOONのマウントです。MOONはラバーストラップなのでエアロハンドルにも巻きつけることができます(^^)いろいろなサイズや形のハンドルに使用できるのは嬉しいですね♪

parts_238.JPG
充電端子はマイクロUSB

parts_239.JPG
全付属品

microUSB接続なのでいろいろなケーブルが家に転がっているのでどれでも使えて良いです(^^)付属品のUSBケーブルは雨の中でも使えるようなちょいゴツいケーブルになっています(特にライト側のmicroUSB周りが)

parts_240.JPG
我が家にある自転車用ライト3種

上からメテオプロ(450ルーメン),VOLT300(300ルーメン),ジェントス閃(100ルーメン)

それでは次はメテオプロとVOLT300の点灯比較です。なかなかこの手のレビューはしていないので参考になると幸いです。

【CATEYE VOLT300】Hiモード(300ルーメン)
parts_245.JPG

【MOON Meteor-X Auto PRO】モード1(450ルーメン)
parts_246.JPG

VOLT300はスポット配光、メテオプロはワイド配光なのが見てわかると思います。
実際に夜間点灯してみるとVOLT300は光の帯が"真っ直ぐ1点に伸びていく感じ"でメテオプロは"光が広範囲を照らす"感じ。ちなみに最新型のVOLT800(800ルーメン)はワイド配光らしいのでスポット配光の300の弱点を解決しておりますが依然として充電中は点灯できません。悩みどころですね~。

parts_244.JPG
300も明るいけどやはりメテオプロの方が見やすいかな(バッテリーは保たないけど…

結論!

メテオプロは明るいけどバッテリーが保たないのでモバイルバッテリーとセットでブルベに使うのがオススメですね。お値段が5,000円ぐらいなのでオートライトのおまけ付きライトと考えれば安いと思います(^^)


【おまけ】

ライトの紹介動画を作ってみました。といっても複数ある点灯モード類を撮影したものですがね(^_^;)




ランキングに参加しています。お帰りの際にポチっとお願いします↓
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村



nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。