So-net無料ブログ作成
検索選択

[Edge 520J]セグメント機能編 [GARMIN]

先日の非公認渡良瀬TTで初めて使ったセグメント機能。その使い方についてをどこよりも詳しく(当社比)ご紹介します。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

parts_131.JPG
520Jはトレーニングやデータ収集に特化したサイコンみたいですね


・Edge 520Jの新機能『ストラバ・ライブ・セグメント』(設定編)

1000Jや510Jもソフトウェアアップデートにより今後対応する予定の新機能。520Jはデフォルトで使用可能となっています。とはいっても"STRAVA Live Segment"を使うにはプレミアムアカウントへアップグレードする必要があります(無料アカウントだと使えないみたい…)
当方は無料トライアルを使って1ヶ月限定でアップグレードしました。月末になると無料アカウントに戻ってしまうので(おそらく)使えなくなるはずです(^_^;)STRAVAの他にGARMINのセグメントにも対応しているのでトライアル期間が終わったらこっちでしばらく使ってみることにします。おそらく端末の挙動は同じでしょうし(区間などが違いますが…)

さて、STRAVA Live Segmentを使えるようにするにはSTRAVAのWebサイトからGARMIN Connectへの接続を許可しましょう。この過程で何故かPC側から設定できなかったので、"GARMIN Connect Mobile"から設定することにしました。またスマートフォンにSTRAVAアプリも入れておきましょう。

【PC版】
520J_22.png

まずは自分のアイコンが表示されているところへマウスを動かして矢印を持って行き、設定をクリック。

520J_23.png

マイアカウントのソーシャル接続という項目があるのでここのGARMIN Connectから"接続"を選択(既に接続済のため画像では"切断"になっています)
次のページで接続許可について聞かれるので許可。この時、最初だけ?IDとパスワードを聞かれます。

PC側で接続許可ができない場合はスマートフォンのアプリ"GARMIN Connect Mobile"でも操作は可能です。こちらでも解説しておきましょう。

【アプリ版】
520J_24.jpg

GARMIN Connect Mobile(当方の場合Android版)を開いて左上のアイコンをタップ(四角で囲んだところ)
すると通知にSTRAVAライブセグメントという項目があるのでそこをタップします。

520J_25.jpg

上の画面が表示されたら接続先STRAVA(緑の四角で囲ったところ)をタップ。

520J_26.jpg

上記の画面が表示されたら許可するをタップ。その後再びGARMIN Connect Mobileを開きます。

520J_27.jpg

メニューから"セグメント"を選んで上の画面が表示できたらSTRAVAとの連携が完了。
また別途スマートフォンと520Jのbluetooth接続設定をおこないましょう。


・Edge 520Jの新機能『ストラバ・ライブ・セグメント』(使用編)

設定が完了したので実際に使ってみましょう。STRAVAプレミアムアカウントの使用を前提に書いていきます。

520J_13.png

まず520Jのメニュー→トレーニングから"STRAVAライブセグメント"を選択。するといろいろなセグメントが表示されます。

520J_14.png

それでは一番上の『ロイヤルC.C』を選んでみましょう。

520J_15.png

開くと次のようなページが表示され、さまざまな項目にアクセスできます。手始めにリーダーボードを選択。

520J_16.png

PRとKOMが表示されました。どちらも同じタイムということは…はい!このセグメントは当方がKOMを保持しています(^o^)/ちなみにPRは自分自身のベストタイム?です。
自動開始Live FeedbackがONになっていると、セグメント開始地点に近づくと表示が切り替わって教えてくれます。

さて、他のセグメントも見てみましょう。みんな大好き太平山(笑)

520J_17.png

太平山セグメントの"地図上で確認"を選択すると…?

520J_18.png

セグメントのコースが表示されました(^^)緑の●がスタート地点,赤の■がゴール地点を表しています。

520J_19.png

高度を選択すると上のような画面が表示されます。これでどの辺りが急なのか一目瞭然ですね。

実走ではセグメント開始地点に近づくと520Jの画面が切り替わり、スタート地点までの距離とコースマップが表示されます。初期設定ではSTRAVAでフォローしている人のうちタイムが自分のタイムに近い人が目標に設定されています。自分が未走行の場合はフォロー中の中でもっとも遅いタイムの人が設定されます。
ちなみにそのセグメントにフォローしている人がいない場合は、KOMが目標タイムに設定されるので余裕でぶっ千切られることになるようです(:_;)

520J_22.JPG
セグメント開始中は上のような画面が表示されます

セグメントで目標と対決しているときは上の画面が自動的に拡大されて、コース上を自分と相手(バーチャルパートナー)が走って行きます。先行されている時は先行時間の表示が,自分が先行している時は黒で表示され、どの程度のアドバンテージがあるのかがわかるので対決に力が入りますね(^o^)/
ただし、セグメントの表示が出ているときはこの画面で固定されてしまうのでケイデンスやスピード、心拍などが確認できなくなります。ご注意ください。

こんな感じに詳しく紹介したセグメント機能編ですがいかがでしたでしょうか?
意外と他のブログで紹介されていないところも多く盛り込んだのでセグメントについて悩んでいた方の悩みも一発解決!…できたら嬉しいですね~(^^)


ランキングに参加しています。お帰りの際、ポチッっとお願いします(^^)
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村



本体のみバージョン


心拍計・センサー付きバージョン
nice!(0)  コメント(4) 

nice! 0

コメント 4

Hiro-C

そうなんです!

stravaプレミアムについてはブログ記事で見ることがなかったので、とても気になっていました!

セグメントでタイムを狙っていく場合は、コレはあると便利ですね!

ただし、サイコン2つは必須ですよね…
タイムを狙いに行くライダーは、心拍、スピード、ケイデンス、(パワー)なしには語れないですからね(^^;;

by Hiro-C (2015-12-05 06:37) 

HIROZO

今回も詳細な情報をアップいただきありがとうございますm(_ _)m
いつも勉強になります!!

510Jもアップデートされるなら、Hiro-Cさんも推奨しているように、パイオニアとサイコン2台持ちで行こうかなぁと\(^o^)/

STRAVAのプレミアム会員にならないといけないのが少々ネックですが、導入検討の価値ありですね(^-^)/

by HIROZO (2015-12-05 08:09) 

taka

@Hiro-Cさん

STRAVAプレミアムがもう少しお安いとずっと使い続けたいのですが月額600円,年払いで6,000円はちょっと高いです(^_^;)
まぁタイムを狙ってトレーニングするなら安いのかもしれませんが…。

で、サイコンの件、どうも設定を見てもセグメント挑戦中はこの画面で固定されてしまうのでやはり2個必要です。
ヒルクライムの時は勾配,平地の時はスピードは欲しいですし。この辺が更なるアップデートでカスタムできるようになると嬉しいですね。
by taka (2015-12-05 21:38) 

taka

@HIROZOさん

けっこう設定方法や詳細情報はスルーされているブログが多いのでくわ~~しく書いてみました(笑)

GARMINセグメントでもそれなりに使えると思うので、プレミアムアカウント期間が終了したら試してみようと思います。
STRAVAセグメントは楽しいけどKOMがやたら速いと苦痛でしかないのですが…(:_;)
by taka (2015-12-05 21:43) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。