So-net無料ブログ作成
検索選択

【オーバーホール2015】その1:分解編 [メンテナンス]

その0から始まったオーバーホールについての記事、本編その1はパーツの分解について書いていきます。
とはいっても、ブレーキ本体やリアディレイラー(以下RD)の取り外しは行いませんでした(^_^;)
今回はチェーンを切らなかったのでRDを分解できないのが主な理由ですが…。

それではまさかの自体が起きた『分解編』のご紹介です(^^)

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

maintenance_076.JPG
クランクも取り外します(BBは固くて外せなかったけど…)


・バーテープを剥がし今回やることを確認

このオーバーホールではワイヤールートの見直しを主とし、ワイヤー交換とグリスアップを副として行いました。

maintenance_062.JPG
バーテープの色の違いにビックリ

KEBEL M2号の組立ではブレーキ,シフトワイヤーがそれぞれハンドルの下を通るようにしてトップバーを握った時に邪魔にならない、または各アクセサリ類を装着した時に邪魔にならないような配置にしたつもりでした。
が、見た目はすっきりしているもののワイヤーの長さが短いのでハンドル操作時の障害となったり、意外とカメラの装着が難しいことが挙げられます。

そこで今回は多くの完成車がそうであるように、ハンドルバーの目の前を通るような配置にしてみました。完成写真はその2以降で(^^)

maintenance_064.JPG
現行は途中からハンドル下部方向へ引き込むルート

maintenance_066.JPG
正面から見たもの。見た目はすっきりしているけどね~


・ワイヤー取り外し時にトラブル発生!

バーテープを剥がした後はビニールテープを剥がし、アウターワイヤーとインナーワイヤーをそれぞれ撤去する…はずだったのですが右シフトインナーワイヤーがどうやっても外れてくれません(^_^;)
シフト操作をしても外れないので仕方なく最終手段"シフター分解"を行うことに。

maintenance_070.JPG
ハンドルバーからシフターを外します(側面に刺さっているのがシフトインナー)

組立時に使ったシマノディーラーマニュアルの"デュアルコントロールレバー"編をよく読み分解作業開始。
まずはシフター下部のネジをプラスドライバーで外します。

maintenance_071.JPG
下手にイジると壊れかねないSTIの分解(ヒヤヒヤでした)

ネジを外すと2つのカバー(アンダーカバーとユニットカバー)が取り外せます。

maintenance_072.JPG
ピンぼけだけどカバーを外したところ。機械的な部品がたくさん

問題のインナーエンドが引っかかってるユニットがあるので慎重に(インナーを)引っ張り出します。この時に周りのバネや金属パーツには触れないようにしましょう。

maintenance_073.JPG
ここに引っかかっています。本来ならシフトチェンジすればすんなり抜けるのに…

各ワイヤーを撤去した後は、フレームに貼ってある傷防止テープ(3M スコッチ 表面保護用テープ)を剥がしてクランクを引っこ抜けばとりあえず完了。

maintenance_077.JPG
BB取り外し用の工具がぶっ壊れたのでBBは外せず

次回のその2では試行錯誤のワイヤー張りを含めた組立編をお届けします(^^)

つづく

ランキングに参加しています。お帰りの際、下のボタンを押していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村



普通のテープよりは高いけど使い勝手が良くベタベタしないので各所の保護にはもってこいですよ~
nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。