So-net無料ブログ作成

改正道路交通法について(2015年6月1日から) [コラム]

来月の6月1日から道路交通法が改正されます。
車に対してというより自転車に対して厳しくなります。その中身は?

にほんブログ村 自転車ブログへ

column_041.JPG
尾灯も必ず付けましょう

・自転車に対して青切符の導入

車を運転している方なら青切符が何なのかわかると思いますが、簡潔に紹介しておきましょう。
青切符とは…?
反則金の支払いで前科がつかないもの←ここ重要
だいたいは軽微なもので(道路交通法の)例を挙げるなら、一時不停止など。反則金は高額ではない。
一方で赤切符も存在します。
こちらは重大な道路交通違反に発行されます。罰金刑なので前科がつきます。

上記2つのうち青切符が今回導入されるというわけですね。自転車の場合は次のことが対象になります。

 ・イヤホン,スマートフォンなどを使いながらの"ながら"運転(傘さしも対象)
 ・車道の逆走(右側通行)
 ・無灯火
 ・速度違反
 ・"並進可"以外の道路での並進
 ・歩道走行時の徐行違反

など…。他にも前照灯と尾灯(反射材でも可),ベルが必須となっています。
スポーツバイク乗りの中でも"ベル"をつけている人はかなり少なそうですね(^_^;)対人、対車に危険を知らせるならチリンチリ~ンよりも声を出した方が圧倒的に効果がありますからね。義務ではありますが。
ちなみに3年以内に2回青切符を切られると自転車の講習を受けることになるようです。速さ,高度上昇,距離を求めているスポーツバイク乗りが講習を受けることになるとかなり恥ずかしいので気をつけましょうね(^^)


・自転車に必須の装備品

これらがないと整備不良となりかねないのでもう一度確認することをオススメします。また、元から"持っていない","持っているけどカッコ悪いから付けない","重くなるから付けない"という方は購入または見直しをしましょう。
ま、周知しても守らない人は守らないので非常に困惑することですね(^_^;)

column_036.JPG
所有しているベルは2種類

自転車に必須の装備品は…?

 ・前照灯
 ・赤色尾灯(反射材可)
 ・ベル

の3つです。
ロードバイクの場合、完成車を購入するとホイールに反射材が付いている場合があります。さすがにこれは必須ではないので大丈夫です(G3スポークに反射材は付けられないと思う…汗)
尾灯は赤色と決まっているので白色は付けないようにしましょう。車のテールランプが赤なのでさすがに間違わないとは思いますが…。
最後のベルが一番厄介ですよね~(^_^;)ロードバイクに…いやスポーツバイク全般に言えると思いますが乗っていて使ったことがないと思います。なので"いらない"と思うはずです。

column_038.JPG
当方の通常仕様

上記の仕様ではベルはサイコンホルダー横に、ライトは下向きに設置しています。このベルはバンドのようなもので固定できないので自由度はかなり低いです(^_^;)このサイコンホルダーが必須ですね。

column_039.JPG
ロングライド仕様 type A

column_040.JPG
ロングライド仕様 type B

上記のロングライド仕様は前照灯としてVOLT300を使い、自分の存在を知らせるために点滅灯としてTOPEAKのホワイトライトⅡを使用。ベルとライトは同じキャットアイ製なので一体化させて装着しています。
AとBの2つの仕様の違いはライトの取り付け位置だけです。当方の場合、これに車載カメラを装備することが多いのでハンドル周りは常に窮屈(^_^;)取り付け方法は今後の課題となりそうです…。

ルールをしっかり守って走ることができる自転車乗りをみなさんも目指しましょう(^^)
自転車の街"宇都宮"も自転車マナーは良くはありませんので、これを機に見直していって欲しいですね。

頑張ろう!


おしまい


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村



カラーは全3種類


もう一つのベル。頭がコンパスになっています
nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。