So-net無料ブログ作成
検索選択

自転車用ドリンクボトルの推移 [コラム]

ロードバイクは走っているととても喉が乾くスポーツです。そのため、乗る上で必ず必要なアイテムの中に『ドリンクボトル』が入ってきます。飲み物を入れておき、ボトルケージから片手で取り出して飲むという単純なものですが、今まで実にさまざまなボトルを使ってきました。
今日はその推移について書いていきましょう。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

parts_024.JPG
乗るのには必須なアイテムです

・ドリンクボトルの推移

2010年8月22日にロードバイクデビュー(こちらの記事で紹介)をしその時にエリート社のボトルを購入しました。またMTB時代にはペットボトル,トレイルランの時はハイドレーションパックを背負っていました。
ロードバイクに限らず多くのスポーツで水分補給は必ず必要な行為ですし、それをより簡単にするのがドリンクボトルなのではないでしょうか。

以下は当ブログで使用している(使用した)ボトルの一覧表です↓

世代 製造元 名称 保冷
初代 エリート SUPER JOSSA [750ml] ×
第2世代 キャメルバック Podium Chill [610ml]
第2.5世代 エリート Nature Bottle [550ml] ×
第3世代 キャメルバック Podium Chill [610ml]
第4世代 エリート Jossanova Membrane [550ml] ×

表を見ると2.5世代があることにお気づきかと思いますが、これは第2世代のPodium Chill(青色)と夏場に併用するために買ったボトルなのですが保冷力はなく、飲み口を歯もしくは手で引っ張って開けるタイプなのです。何の機能もない普通のボトルなので軽量ですが、飲み口を開けたまま走ると振動で中身が漏れてくることもありローラー台専用となっています。屋外での使用は未使用なので0.5世代分しか進んでいないことにしています。外で使わないのならあんまり意味がありませんし…。

parts_028.JPG
右が一番新しいボトル(第4世代)

現在使用中のボトルは第3世代と第4世代です。もてぎ100のときはダブルボトル体制だったので同時に使いましたが、普段は基本的に第3世代,短距離ライドと寒い日は第4世代を使用しています。どちらもNature Bottleと違い飲み口を開放したままでも中身が漏れませんし。


・同じボトルでも後世代は進化や改良をしています

第2,第3世代のボトルは色違いのPodium Chill [610ml]ですが、後継製品(赤色の方)は飲み口が若干改良されています。口がでかいのでジェル系の飲料を入れても詰まること無く飲むことができます。また、砂やゴミが溜まりやすくて困っていた飲み口のゴム部分も簡単に取り外せるので洗浄が容易になりました。

parts_025.JPG
右の方が口がでかい

parts_026.JPG
開口部のサイズは新旧ともに同じです

ボトルの口が変わっただけなので以前のボトルに新型の飲み口をくっつけることも可能です。キャメルバックのこの製品は消耗品としてこの部分の交換パーツが売っているのでそれを購入すれば長い間使うことができるでしょう。
保冷力はPOLARのクマボトルに比べて高いのでオススメです。一応保温効果もあるので温かい飲み物を入れても大丈夫なようです(入れたことないけどね)

parts_027.JPG
開口部のサイズが同じなのでこういうこともできる。意味はないけど


・第4世代『Jossanova Membrane [550ml]』の使い勝手

所有しているボトルの中で一番新しいのがこのJossanova Membraneです。Wiggleで送料調整のために買ったものではありますが実に使いやすくしばらくは現役で活動してくれるでしょう(^^)
このボトルは初代と同じで飲み口を開放したままでも中身が漏れないです。また、このボトルも"握る"か"吸い込む"ことでドリンクが出てくるので常に飲み口を開放状態でも中身が飛び出す心配はありません。キャメルバックは若干太めでボトルケージとの相性があまり良くはないのですが、こちらはボトルケージと同じエリート製ですから何の問題もありません。使いやすさバツグンです。

parts_029.JPG
開けたままでOKというのはやはり嬉しい

ただ、しっかりと洗剤を付けて洗わないとカビが発生しやすいです(^_^;)
実は先日の霞ヶ浦ライドでボトルの飲み口裏にカビを見つけ使用不能となっておりました…。一応クルマに入れてあった消毒薬等で洗いはしたものの『やはりカビが残っていると困る』ので道中でボトルからの水分補給は一切ありませんでした。途中で寄ったコンビニでの補給と道の駅での補給だけですね~。
ボトルにカビが生えやすいのがマイナス点です。それ以外はとても使いやすいボトルなんです(^^)
今シーズンもこの第3,第4世代の2本のボトルで走っていきますよ~。

おしまい


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村



ボトルケージに入れづらいけど保冷・保温力は抜群です(^^)
nice!(0)  コメント(2) 

nice! 0

コメント 2

ヒロ

こんばんは。
う~ん、同じメーカーでも進化してるんですねぇ。
飲み口の改善はいいのですが、できれば防カビ効果等の進化をお願いしたいものです。

by ヒロ (2015-02-24 22:21) 

taka

@ヒロさん

こんばんは。
そうですね~。やはり防カビ効果の付加はやってほしいですよね。ひっくり返しても漏れないタイプのボトルはどうも洗いづらいので(^_^;)砂ならまだしもカビは身体に影響を及ぼしますし…。
by taka (2015-02-25 18:37) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。