So-net無料ブログ作成
検索選択

新KUOTA号組立日記3(ステム,ハンドル,シフター取付篇) [新KUOTA]

前回の続きです。最難関のワイヤー張りまで残り1記事となりました。
まさかシフターの取付がこれほど容易になっているとは思ってもいなかったですが…。
6800系がこのタイプなのでおそらく9000系も新105の5800系も同じだと思われます。取付の際は参考にしてくださいね(間違っているかもしれませんが…)

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

KM2_057.JPG
デダにしタデ(笑)

・ステム,ハンドルバーの取付

旧KEBEL号はシマノPROのステムとプロファイルのハンドルを使用していました。ハンドルは左側が事故の衝撃で変形、ステムはかろうじて使用はできるもののなんとも微妙な状態となってしまいました。
新KEBELは年式も同じ同型機。フレームサイズも同じなので普通に考えるなら同じステムとハンドルを用意すれば良いのですが…

 ・なんとなくステムが長い気がする
 ・ハンドルがショートリーチすぎる

という理由で新しく100mmのステムとリーチ75mmのハンドルを購入しました。

KM2_058.JPG
上が購入したDeda,下が旧KEBELのPRO

PROのステムは110mm,Dedaは100mmと10mmほど短くしてみました。実はKEBELを購入した当初から思っていたのですが、KEBELはホリゾンタルフレームでトップチューブ長が540mmあります。初ロードバイクのGTR4は530mmなので10mm長いです。ステムはどちらも110mmなのでKEBELの方がハンドルが遠いのです。
そんなこんなでGTR4でしっくりきたトップチューブ長[530mm]+ステム[110mm]=640mmに合わせるべく、ステム100mmを買ったわけです。うん、実に長い話だ(笑)

読者の皆様、Dedaのステムは他社と少し違うことをご存じですか?
カタログマニア(?)の方は知っていると思いますが、Dedaのステムはハンドルクランプ径が31.7mmです。ちなみにPROの場合は31.8mmです。Dedaの方は独自規格で他社は31.8 or 26.0mmです。
一般規格と0.1mmしか差がないのでほとんど同じと思いたいのですが、わざわざ独自に規格を作るぐらいですので他社パーツと併用すると固定力が不十分で「トッププレートが外れるなどといったトラブルもあるのでは?」と思いハンドルもDedaにしました。もしかしたらDeda社の策略にハマったのかもしれませんけど(笑)

KM2_060.JPG
この感じなら外れそうにないけどね…

ハンドルはプロファイルの40cmから2cm長い42cmにしてみました。Dedaは芯-芯の値ではなく外-外なので2cmは誤差が出ると思い44cmのハンドルを購入。実際握ってみたところ問題はなさそうです。
ステムとハンドルは大英帝国から空輸しました(^^)

KM2_059.JPG
Dedaのハンドルで一番お安いやつ

取付後の写真がないですがステムとハンドルを仮止めして終了(笑)

KM2_061.JPG
PROとDedaのコラム側ボルトの向き

PROは色がアイスグレーだったのでとても気に入っていました(^^)
Deda ZERO 1様これからもよろしくお願いします。


・予想外だったシフター(STI)の取付

シマノのシフター(STI)といえば固定ボルトがブラケットの奥の方にあり、非常に作業しづらいパーツです。7900系までは。
6800系は今までの常識を覆し、革新的な技術を取り入れた新型STIとなって登場しました(大げさ)

KM2_067.JPG
固定ボルトはこんなところにあります

旧KEBEL号に搭載していた105のSTIはブラケットの全面(レバー側)をべろんとめくってなが~いアーレンキーでネジを締めるという大変な作業をしていました。6800系はブラケットの裏側(ハンドル側)をめくるとすぐに固定ボルトが見つかります。ここなら短いアーレンキーやトルクレンチでも用意に作業することができますね。

KM2_068.JPG
ここなら凄く簡単

位置決めをしてアーレンキーでハンドルに固定して終了です。お疲れ様でした(^^)

KM2_069.JPG
ULTEGRAの文字がカッコいい(*´∀`)

さていよいよ次は旧KEBEL号でも苦手だったワイヤー張り作業です。秘密兵器が活躍してくれると良いな~(^^)次回もお楽しみに♪

つづく


【おまけ】

Dedaがイタリア製ということもありイタリア製品が絶賛増加中です(笑)フレームもステムもハンドルもサドルも。タイヤはおフランスですけどね(PRO4が出た時に買い占めたPRO3

2014年07月14日見直し

保管しておいたPRO3のサイドウォールに傷が見つかりました(T_T)タイヤの内側はなんともないのですが傷は中の繊維まで見えるような状態で、とても『パンクに強い』とは言い難いです。
そのためタイヤも新調することにしました…。あぁ,お金が(涙)


応援のポチッをいただけると更新意欲が湧きます。ぜひよろしくお願いします(^^)
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村



こちらはステム。ホワイトもあります(^^)


こちらはハンドル。ホワイトもあります(^^)
nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。