So-net無料ブログ作成

KUOTA号組立日記7(コラムカット篇) [KUOTA]

いよいよ最後の作業である『コラムカット』のご紹介です(^^)
KEBELに乗り換えてから600kmほど走っていますが、コラムがすんごいせり出したまま走っていました(^^;)
コラムカットしないと

 ・いかにも買ったばかり
 ・イマイチ素人っぽく見える
 ・見た目が悪い

の3点が問題点として挙げられます。
twitterやブログのコメント欄でも「コラムが刺さっちゃう」とかいただいたことがありますけど、実際は刺さらないのですがど~もイマイチ見た目が悪いです…。
そんなこともあり数日前にようやくカットすることができました(^^)v

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

kebel_106.JPG
すんごいせり出し量。これからカットしますよ~

・コラムスペーサーの枚数変更?

KEBELを組み立てた時にGTR4おさがりのコラムスペーサー(アルミ製)を3枚入れていますが、コラムカットに際して見直すことに。カットしてしまったら下げるのはラクですが、上げるのは若干大変ですからね~(^^;)

kebel_107.JPG
今は3枚

インナーやアウターが接続されているので繋がった状態でステムごとハンドルを外そうかと思ったのですが、なが~い余長が確保されているわけではないので上手く外せません。仕方なくフロントブレーキインナーをブレーキ本体から外してみるも、その他のワイヤーが邪魔をして外れません(^^;)
今度はハンドルバーを固定しているクランプ部分を4ヶ所とも外してステムからハンドルを分離、ステムだけ引っこ抜けるようになりました。手間取らせおって…

kebel_108.JPG
2枚にしてみて乗ってみる

スペーサーを1枚減らして乗ってみると…イマイチしっくり来ない(^^;)前傾姿勢が更にキツくなってちょっと苦しくなる。たった5mm下げただけで違和感が出てしまったのは正直ビックリしました。
なので5mm×3枚の15mmで行くことに決めました。


・フォークを引っこ抜いて作業をする

KEBELのコラムは前の愛車『GTR4カスタム』と違ってカーボンでできています。それをノコギリでカットするわけですからいかに安定して作業できるかが重要になってきます。
当初はKEBELを横倒しにしてコラムカットしようかと思っていたのですが「ペダルが邪魔」「キズが付きそう」ということでフロントフォークをフレームから外して作業することになりました。KEBELは取り外しが容易ですからね(^^)

さて、その前にカットする位置にしるしを鉛筆で1周線を入れておきましょう。

kebel_109.JPG
うっすらですがしるしが入っています

しるしを付けたらフォークを引っこ抜きます。ダストカバーなど付属品を無くさないように注意しましょうね。

kebel_110.JPG
とりあえずキレイにふきふきしておきます。取付の時はグリスを忘れずに(^^)

kebel_111.JPG
外れました

お次はいよいよ切断作業に進みます。


・コラムを切断!切り捨て御免

まずは引っこ抜いたフォークにキッチンペーパーを詰め込んでおきます。何でも良いのですが今回キムタオルがなくなっていたのでキッチンペーパーで代用しました。カットした際にカーボンの切りくずが内部に侵入しないようにするためです。この詰め込み作業は別にやらなくても大丈夫ですよ。

kebel_112.JPG
キッチンペーパー2枚分を細長くして詰め込みます

次はカットする位置にソーガイドをセットします。

kebel_113.JPG
グランジのソーガイド

今回ノコギリと一緒に買ったこのグランジのソーガイドは、パークツールに比べてかなりの格安ですが非常にしっかりとしたつくりになっています。これはお買い得です(^^)♪
とりあえずこの位置にセットしましたが、まずは練習として5mm程度切断してみました。その後、本番です。

kebel_114.JPG
ノコギリをセットして…

休まずギコギコしていきます。

kebel_115.JPG
黒いカーボン粉末が出てきました。くしゃみで吹き飛ばさないようにしましょうw

kebel_116.JPG
お?もうすぐ切断されるか~?

それほど分厚いカーボンではないので5分程ギコギコしていると「スパッ」と切断されます(^^)

kebel_118.JPG
切断されました

2つにわかれました。

kebel_117.JPG
切断面は意外とキレイです。フォーク側のペーパーをピンセットなどで取り出します

中のキッチンペーパーを取り出したら鉄ヤスリ(今回はダイヤモンドヤスリ)で切断面をキレイに均していきます。適当にやっててうっかり手が滑り、フレームやフォークにキズを付けないように慎重にやりましょう。
ヤスリがけが終わったらカーボン末端処置を施します。

kebel_119.JPG
ほそ~いノズルで流し込んでいきます

カーボン繊維の末端処理には瞬間接着剤が良いそうで、低粘度の接着剤を使用しました。瞬間接着剤がカーボンの隙間に浸透して行って硬化してくれるようです。色々なブログで拝見しましたので使ってみました(^^)
末端処置を施したらしばらく乾燥させて再びフォークをフレームに取り付け、また、コラムに付ける蓋の前にこのようなパーツを取り付けます。

kebel_120.JPG
左の円柱型のものをコラム内部にはめ込み、右のパーツをアーレンキーで締めます

kebel_122.JPG
ステム取り付け後。このようになります

2つのパーツを付けたらステムとコラムのてっぺんにKUOTAマーク入りの蓋を付けて完成です(^^)

kebel_121.JPG
完成!ほっ

コラムが短くなったことで前よりも見た目が良くなりました(^^)30gほど軽量化されましたし…w

kebel_124.JPG
左が本番、右が練習

今回大活躍のソーガイドとHOZANのノコギリはとてもお安いのでコラムカットでの必須工具です。ソーガイドはホームセンターに売っているなんらかのもので代用できそうですが、自転車専用ということで安心感があります(^^)一方ノコギリの方は、替刃がかなりの本数付いてくるのでず~~っと使えそうです。こちらは自転車専用のものではありませんから工作やDIYでも役だってくれることでしょう。
これでKEBELがついに完成形になりました。いやはや長かったな~
完成したKEBELでロングライドに行きたいですね~(^^)♪


【おまけ】
カーボンを切断するときに出てくる大量のカーボン粉末はとても細かいので、なるべく外で作業することが好ましいです(今回は室内でやりましたが…)

kebel_123.JPG
散らかして奥様に怒られないようにしましょうねw


ランキングに参加しています。クリックをいただけると更新意欲が湧きます(^^)v
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村



フレームからの組立で必須です。お安いので持ってて損は無いですよ
nice!(1)  コメント(6) 

nice! 1

コメント 6

ヒロ

ついに突起物はなくなりましたね。
これで喉に突き刺さりそうな想いで乗ることもなくなるでしょう。
それにしても、作業一つ一つに工具が必要で、結構お金が掛かりますね。
こうなったら、工具を無駄にしないために次期バイクを考え始めないといけませんね。
by ヒロ (2012-02-27 21:48) 

takaGT

@ヒロさん

こんばんは~

使った工具については後日紹介するつもりでいますが、けっこういろいろ使っていますね。使っている工具数は多いですけどそんなにお金はかかっていません。

安くて『良い』工具と高くて『悪い』工具があるので工具選択はよ~く吟味しなければなりませんね…(^^;)
必要であろう工具類は揃っているのでいつでも新しいフレームを組み立てられます♪買いませんけどw
by takaGT (2012-02-27 22:51) 

さっつん

始めまして。

KEBEL組み立て日記拝見させていただきました。

当分は縁の無い作業ですが(新車なんか買えない・・・)とても勉強になりました。

これからもちょくちょく拝見させていただきます。
by さっつん (2012-03-04 00:59) 

takaGT

@さっつんさん

はじめまして。コメントありがとうございます(^^)

フレームからの組立は今回が初なので、最初はややおっかなびっくりでしたが始めてみるとそんな大変じゃなかったりします(ワイヤー張りが恐ろしく大変でしたけど…)

これからも『たびポタweb日記』をよろしくお願いします。
by takaGT (2012-03-05 18:54) 

まっくろくろすけ

コラムカットには抵抗がありますがこれだけ親切に説明と画像があると簡単にできそうな気がしてきました。

今度やる時覚えておきます。
by まっくろくろすけ (2012-03-06 21:48) 

takaGT

@まっくろくろすけさん

コラムカットは工具さえあればISPを切るよりも簡単だと思います。
ソーガイドもパークツールは高いですが、グランジはお手頃価格なのでオススメです(^^)
by takaGT (2012-03-07 15:27) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。