So-net無料ブログ作成
検索選択

夏限定装備『ダブルボトル体制』【ボトル運用篇】 [カスタム]

前回は夏限定ダブルボトル体制で使用しているボトルの紹介をしました。
とは言っても現在はドリンク用ボトルとツールボトルの2本で運用しています。夏は大量の汗をかくのでやはりドリンク1本では心もとないですね(^^;)
しかし、2本のうち1本はツールボトル。ここにもう一本真水入りのボトルを付けたいですが、一体どうすればよいでしょうか?

ボトルケージ…3つ欲しいかも

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

・パンク修理キットの運搬
スポーツバイクに乗る人たちはパンク修理キットを持ち歩き自分で修理します。そのためその修理キットをサドルバッグもしくはツールボトルに入れておく必要があります。
コンポのフル換装後しばらくはサドルバッグを使用していたのですが、アウトドアで使っていたnalgeneの広口ボトルの蓋をボトルととめる樹脂製パーツが壊れたのでこれをロード用ツールボトルにすることになりました(アウトドアで使う分は新しいものを購入しました♪)
それと同時にサドルバッグを廃止して、シートポスト周りをスッキリさせることに(^^)

review_L006.JPG
ふたが本体と分離してしまいました(^^;)

先日のシートポストカーボン化に伴い、シートポスト固定型の大型サドルバッグは使用できなくなりましたが、以前からツーリング時に愛用している『オルトリーブのサドルバッグL』はサドルとシートポストの2点支持なので、シートポストがカーボンになっても問題なく使っています(^^)
これからの時期、ボトルは2本欲しくてウェストバッグも暑かったらいよいよコレの出番というわけです。
むっほっほ(^^)

・ナルゲン(nalgene)の広口ボトル
自転車用のツールボトルは各メーカーから専用のものが販売されていますが、どうも色が一本調子であったり見た目があまりよろしくなかったりします(^^;)
現在使用中のnalgeneの広口ボトルは自転車用ではありませんが耐熱・耐冷・耐衝撃性は十分にありますし、ボトルに詰める際にも袋詰めすれば音がしませんから普通に使うことができます。

review_L007.JPG
広いです。モノを詰め込むのには良いですね(^^)

タイヤはクリンチャーなので交換用チューブ,タイヤレバーなど実に6種類のものを詰め込んでいます。
それぞれを音鳴り防止のために袋詰めしています。自転車用は内側にスポンジが巻いてあったりと工夫されていますが、結構なお値段がしますからね~(^^;)

review_L008.JPG
これだけのものが入ります

入れているものは

・イージーパッチ
・交換用チューブ(EVO55)×1
・タイヤレバー×2
・携帯工具(あさひ)
・圧縮タオル
・携帯ポンプ

です。もう一本交換用チューブを入れたいところですが、ちょっと無理そうですね(^^;)

review_L009.JPG
こんなにコンパクトになります

これを持って行きたいのでボトルの運用を悩むんですよね~(^^;)
う~む…
本気で3つケージが欲しいw

【おまけ】
圧縮タオルの『TowTab』というものを使っています。化粧品の圧縮顔パックと同じようなもので少量の水をかけると膨張して使用することができます。

review_L010.JPG
飴のような形状です。んが食べられません(^^;)

使い方は実に簡単。水をかけるだけですw
ボトルの水をちょろちょろとかけると…?

review_L011.JPG
かけます。ネイチャーボトルですから口を開けると漏れるので閉めてあります(^^;)

review_L012.JPG
こんな感じに膨らみます

広げてみると?

review_L013.JPG
こうなります

破けにくい丈夫なウェットタオルになるので、手が汚れた時や汗を拭うのに重宝しています。何しろコンパクトですから持ち運びもラクですし(^^)
ぜひ、一本サドルバッグにいかがですか~?

おしまい

ランキングに参加しています。クリックをいただけると更新意欲が湧きます(^^)v
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ



自転車用として500mLのものを使っています


アウトドア用はこっちの1Lのものを買いました(^^)
コメント(4) 
共通テーマ:日記・雑感

コメント 4

まっくろくろすけ

透明だしデザイン性もいいですね。
そして何処に何が入っているか一目でわかるのも良いですね。
普段使っているツール缶はダサいですからね。
ちなみにこの容器の重さはどのくらいなんでしょうかね??
by まっくろくろすけ (2011-07-30 18:43) 

takaGT

@まっくろくろすけさん

透明ってのはとても良いです(^^)
重さは90g程度だったと思いますよ~
by takaGT (2011-07-30 21:17) 

ぶりしん

GTR4はシートチューブ側のケージ穴の位置が高くてロングボトルが使えなかったので、本来Di2用のアダプタをかまして位置を下げ、斜め横から出し入れできるボトルケージを使って、ロングボトル×2を携行してます。
ツールはボトルごとオルトリーブに突っ込んでます。

シフトケーブルをダウンチューブ内部に通してる自転車で、ダウンチューブの前側下部(BBの前あたり)にケージをタイラップで固定して増設し、ツールボトルを入れてるのを見たことがありますね。
by ぶりしん (2011-07-31 21:15) 

takaGT

@ぶりしんさん

そうなんです。GTR4のシートチューブ側の穴は位置が高いので大きめのボトルを携帯するのが難しいですよね(^^;)
まぁツーリング時にはツールボトルをオルトリーブに突っ込んで、シートチューブ側にはネイチャーボトルでOKですけど。

クロスやMTBでハンドルバーにボトルケージをぶら下げているのを見たことがありますけど、ロードじゃ不便ですね。たぶん…

by takaGT (2011-07-31 21:36) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。